読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内旅行記まとめblog

いろいろな方の国内旅行体験談をまとめたブログとなります。これから国内観光ツアーをお考えの方におすすめ

熊本県阿蘇にある黒川温泉は雰囲気が良くておすすめです

ネットの口コミやパンフレットを参考に、一番雰囲気が良い黒川温泉に決めました

熊本県阿蘇にある黒川温泉に3泊4日で行きました。山深いところにある温泉地なので、アクセスは決して良いとは言えないのですが、わずらわしい観光温泉地化していなくてとても良いところでした。

温泉旅行に行きたいという希望が、最初からあったので、全国の温泉地の中から候補を選ぶことにしました。思い切って九州はどうかということになり、九州の温泉地を特集した雑誌を3冊準備しました。

他に、インターネットの口コミと、JRの駅長さんおすすめの湯のパンフレットを取り寄せて、その中から一番雰囲気の良さそうな土地を選びました。宿泊する温泉宿は、写真が豊富に掲載されているところの中から、設備の新しさと食事内容を基準にして決めました。

行き交う人が騒々しくなくて、落ち着いた空気が漂っていました

旅行費用の中では、やっぱり飛行機代が一番かかりました。行き先を決定してから当日まで、あまり日数がなかったので、早割りなども使えず、2名で往復13万円くらいかかりました。それ以外の交通費・食費・宿泊費もろもろで40万円は使ったんじゃないかと思います。

黒川温泉は、とにかく雰囲気が良かったです。山あいに並ぶ温泉宿と、その横を静かに流れる川と、浴衣で行き交う温泉客が、騒々しくなく落ち着いた空気が漂っていました。

個人的に温泉は好きなのですが、水回りの設備が古いと満足感がかなり落ちます。木製の古いお風呂で、隅の方がちょっとヌルヌルしていたりすると、かなりガッカリしてしまいます。

宿泊した温泉宿は、改装して間もない宿だったので大満足です。館内にいくつもの意匠を凝らした温泉があり、それぞれの浴場に着くまでの通路も、きれいに彩られていて最高の気分でした。

入湯手形があるといろいろな宿のお湯に入れます

黒川温泉の街全体で運営している入湯手形があり、この手形があれば、別の宿の温泉に入りに行くこともできます。温泉街を浴衣で歩く人が多いのは、この仕組みがあるからでしょう。宿泊しなくても、温泉に入れるのはとても楽しいし、次回の宿を決める参考にもなります。

往復の移動時間はかなり長かったのですが、それと引き換えに、あの良い雰囲気があるのだと思うので、不満はありません。黒川温泉は、しっとりした温泉街の雰囲気を楽しみたい、大人におすすめしたい場所です。

学生や、学生気分の若い方々にとっては、楽しめるスポットも少ないでしょうから、あまりおすすめできません。行く前には、街全体で用意してくれている様々なおもてなしの内容を、チェックして行ってほしいです。